スタッフ募集

皮膚科

当院で行っている治療~代表的な疾患について~

診察の前に

皮膚科の診察には病変部の観察が不可欠です。診察室で病変部が観察しやすい服装で来院してください。顔面の皮疹はお化粧をしていると正確な色調・範囲を診察できない恐れがあります。足の診察の場合は気になっている病変部が片側であっても、必ず両足を診察させていただきます。ストッキングは避け、脱ぎ履きのしやすい靴で来院してください。また、治療歴のある方は、お薬手帳など治療内容の分かるものをお持ちください。ご協力をお願いします。

皮脂欠乏症(乾皮症)

乾燥肌

カサカサ肌はお年寄りに多いイメージがありますが、生活環境によって、若い人にも起こります。また、思春期前の子どもは肌の機能が未熟で皮脂の分泌が少ないため、多くの子どもが乾燥肌傾向にある印象があります。放置しておくと痒みが生じ、湿疹を生じることもありますので、清潔にしたあと保湿剤を塗るスキンケアを毎日行いましょう。

保湿剤は乾燥肌の状態、部位、季節などに応じて処方します。塗る量や塗り方についての指導をします。加えて、入浴の仕方をはじめ、カサカサを防ぐ生活ポイントをお話しすることもあります。

※診療医により、説明の仕方や治療内容に多少の違いがあります。

聴診器
皮膚科の疾患TOPに戻る