スタッフ募集

皮膚科

当院で行っている治療~代表的な疾患について~

診察の前に

皮膚科の診察には病変部の観察が不可欠です。診察室で病変部が観察しやすい服装で来院してください。顔面の皮疹はお化粧をしていると正確な色調・範囲を診察できない恐れがあります。足の診察の場合は気になっている病変部が片側であっても、必ず両足を診察させていただきます。ストッキングは避け、脱ぎ履きのしやすい靴で来院してください。また、治療歴のある方は、お薬手帳など治療内容の分かるものをお持ちください。ご協力をお願いします。

肝斑(かんぱん)

ニキビになやむ女性

肝斑はシミの中でも主に30~50歳代の女性の顔面に生じる難治性の色素斑をいいます。紫外線や摩擦で増悪します。

当院でも肝斑の治療にメラニンの合成を抑制するハイドロキノン製剤を使用できるようになりました。保険外診療であり、使用にあたっては重要注意事項がありますので、ご希望の方は担当医(林医師)の診察の際に相談してください。

※診療医により、説明の仕方や治療内容に多少の違いがあります。

聴診器
皮膚科の疾患TOPに戻る